誹謗中傷とはどういう事か説明します

最近、SNSなどの流行から、誹謗中傷に関する出来事が多く起こっています。しかし、誹謗中傷とは、具体的にどのようなものをさすかご存知でしょうか。元々は誹謗と中傷は別の言葉であり、誹謗は「根拠のない悪口などで他人を罵り、名誉を汚すこと」を、中傷は、「根拠のない悪口をいったり、嫌がらせを行うこと」という意味があります。今では、この2つを組み合わせた誹謗中傷という言葉を「根拠のない悪口などで他人の名誉を汚すこと」との意味で扱っています。誹謗中傷は犯罪であり、名誉毀損・侮辱罪・業務妨害罪など様々な罪に問われるものです。インターネットなどで発した言葉であっても、相手に損害を与えた場合や業務に支障をきたした場合は、罪に問われてしまうこともありえます。

どのようなものが誹謗中傷にあたるのか

誹謗中傷とは、「根拠のない悪口などで他人の名誉を汚すこと」ですが、具体的にはどのようなものが誹謗中傷にあたるのでしょうか。この要因としては、「発せられた内容や書かれた内容が、真実にあたるものかどうか」で判断がなされます。特に、公然で行われた行為かどうかということも重要であり、不特定多数の方が閲覧するインターネットも公然の範囲に入ります。犯罪とまではいかなくても、悪口なども誹謗中傷の一種です。多くのコミュニティサイトなどでは規約違反ともなっており、注意が必要です。また、このときの判断材料としては、誹謗中傷を受けた人物がどのように判断するかが重要になります。同じ言葉であっても人それぞれ受け取り方が異なるので、本来の意図とは違ったとしても、誹謗中傷にあたることもあります。

誹謗中傷を受けてしまった場合には

インターネットが進んだ現在では、自分自身も被害者になることもあり得ることです。もし、誹謗中傷を受けてしまった場合には、動揺せずに冷静な対処が必要です。感情的になってしまうかもしれませんが、相手と同じような事を行っていても、何も解決はしません。もし、誹謗中傷を受けてしまった場合には、サイトの管理者やプロパイダに対して対応を要請することが大切です。サイトや掲示板などには管理を行っている人がいる場合が多く、削除などの要請に対応してもらえることも多いでしょう。事実無根の情報や、悪口などを受けてしまった場合には、焦らずに削除要請を行うなどの対応が大切です。また、被害者に可能性だけではなく、加害者になってしまう可能性も潜んでいます。自分が誹謗中傷を行わないように、発言には注意することも必要でしょう。

安全で、信頼性のある方法で、インターネットでのリスクを対策します。 情報漏えい対策など、サイトに合ったコンサルティングをいたします。 学校の裏サイトなど、学校も風評被害の対策は必要です。 被害を被っていないか定期的に監視する風評監視サービスがございます。 風評被害からサイトを守る、炎上を防ぐ、信頼あるサービスをご提供いたします。 ブログや掲示板への書き込みを消したい方へ。 信頼に関わる誹謗中傷対策をしていきましょう